NEWS
お知らせ

2014年2月12日
プレスリリース

予約台帳アプリ「トレタ」リリースから2ヶ月で200店舗が導入を決定

「豚組」「ミイル」などで外食アワード受賞の中村仁が手がける飲食店向けアプリ、2013年外食アワードを受賞した「subLime」も正式採用

株式会社トレタ(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:中村仁)は、このたび飲食店向け予約台帳アプリ「トレタ」を、2013年度の「外食アワード」を受賞したレストランチェーン・株式 会社subLime(本社所在地:東京都大田区、代表取締役:花光雅丸)が全社納入するなど、相次いで多数の 飲食店への導入が決定しましたのでお知らせいたします。

昨年12月のリリースから2ヵ月余りですが、導入 店舗数が3月中には200店舗を越えることとなり、当初の事業計画を大幅に上回る勢いで増えてきています。



 
人気の居酒屋を多店舗展開し、「外食アワード」を受賞するなど現在注目の高まっている「subLime (http:// www.32lime.com)」では、今年3月から一部店舗で「トレタ」のテスト導入をはじめる予定で、全国26の直 営店舗に順次導入される予定です。

■株式会社トレタ 代表取締役 中村仁より
SnapCrab_NoName_2015-3-25_10-34-12_No-00トレタは、アプリの提供開始から1ヶ月ですでに、100 店舗以上の飲食チェーンや個人店で導入されており3月中には200店に到達する見込みです。
我々によるデモを拝見いただいた店舗さまに限れば成約率が80%を超えていることから「使い勝手が最も重要である」という当社の考え方は、一定の評価をいただけているのではないかと思っております。さまざまなアライアンスの準備も進行しておりますので、これからも万全の体制を敷いて普及を目指してまいります。

「トレタ」のおもな特徴

誰でもどこでも使える
・ほとんどの操作はタップするだけ。キーボードに不慣れでも入力可能
・小規模店舗から大規模店舗まで業態を選ばずご利用が可能
・クラウドでのデータ管理だから誰でもどこからでもアクセス可能

安心して使える
・予約データはクラウド管理なので予約台帳がなくなる心配ゼロ
・セキュリティ対策も万全で個人情報管理に最適

今までと同じ手順で使える
・紙の予約台帳と変わらない馴染みやすいレイアウト
・タップや手書きで電話を受けながら無理なく入力が可能
・いままでの予約受付と同じ流れて操作ができる

「できたらいいな」ができる
・SMS(ショートメール)を活用して、お客様に予約確認がとれる
・予約応対中の音声を自動録音して、いつでも聞き返すことができる
・日ごとの予約人数や席数を自動集計できる

■ アプリ概要
アプリ名: 「トレタ」
料金  : ダウンロード・初期費用無料、1店舗あたり月額9,000円(税別)※最初の一ヶ月間は利用無料
HP:http://toreta.in/
AppStore:https://app.toreta.in/ipad/app
利用方法:弊社ホームページよりユーザー登録後、アプリをダウンロードしてください

■ 会社概要
会社名 :株式会社トレタ (http://toreta.in/
住所  :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2 ビル601
代表  :代表取締役 中村 仁
設立  :2013年7月1日
資本金 :5085万7000円
事業内容:飲食店向け予約システムの開発・販売

関連URL

問い合わせ先

トレタ PR事務局(エポックシード) 森下・蓑毛<br>メール:press@epochseed.jp / 電話:03-3407-5780