ENGINEER INTERVIEWエンジニアインタビュー

「Googleで予約」プロジェクトチーム

各領域のプロフェッショナルが集う組織横断型チームだから実現できた「Googleで予約」参画プロジェクト

  • プロジェクトマネージャー松田 周達

    2014年、証券会社に入社。2016年に渡米し、UCLA Extensionでマーケティングを学ぶ。帰国後、2017年10月に株式会社トレタに入社。プロジェクトマネージャーとしてサービス企画および事業開発を担当。

  • QAエンジニア坂田 航太

    2008年、Webマーケティング会社に入社。自社開発ソフトウェアの品質保証に6年間従事したのち、テクニカルサポートとして4年間勤める。2018年12月、株式会社トレタに入社。QAエンジニアとしてトレタの各サービスの品質保証を担当している。

  • サーバーサイドエンジニア齋藤 謙太

    2012年、CMS開発会社に入社。自社製CMSの開発、運用とそれを利用したサイト作成を担当。2014年、Webサービス開発会社に入社。メディア系サイトとゲームのサーバサイド、インフラの新規開発、運用を担当。2015年5月、ECサイト運営会社に入社。自社製ECサイトの開発、運用を担当。2016年8月 ストックフォトサービス運営会社に入社。自社製マイクロストックフォトサイトの開発、運用を担当。2018年5月、株式会社トレタに入社。

飲食業界に好意的に迎えられた新サービス

ーーー 3月6日、飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ®」が「Googleで予約」に参画し、飲食店のオンライン即予約サービスの提供を開始しました。トレタが持つ正確でリアルタイムな席在庫情報をGoogleに提供することで、「Googleで予約」上で飲食店のオンライン即予約を完結できるようになるサービスですよね。これにより、Googleユーザーは、Google検索やGoogleマップから飲食店を選択し、「席を予約する」ボタンから、人数・日付・時間を入力するだけで予約ができるようになりました。リリース後の反響はいかがですか。

松田  ありがたいことに、注目いただき数多くのメディアでご紹介いただきました。トレタを導入する飲食店だけではなく、未導入店からも「このサービスを使い始めるにはどうすればいいのか?」というお問い合わせも多数いただいています。反響をみると、飲食店の方々にはとても好意的に受け取っていただけていると思います。

齋藤  とてもうれしいですね。

松田  トレタを導入する飲食店は、「Googleで予約」に対応することで、さらに集客を強化でき、人手を介することなくワンストップで集客から予約・顧客管理まで実現できるんですね。設定も、トレタ側でウェブ予約の設定を最低限行っていただくだけ。とても簡単なので、今回の参画は飲食店のウェブ予約活用の促進にも繋がっていると感じています。

 

 

ーーー 今回の「Googleで予約」参画プロジェクトは、いつごろからはじまったんですか。

松田  私自身が入社する前からお話自体はあり、参画するために必要な調整期間を経て、正式に2018年夏頃に契約が結ばれました。そのタイミングでようやくプロジェクトにGOがかかりました。社内でも内密に進められていたので、最初に知った時は「トレタが持つリアルタイムな席在庫情報をGoogleに提供することで、飲食店の予約体験をガラッと変えられるなんてすごい!」と驚きました。正式にプロジェクトマネージャーとして担当するようになったのは10月ぐらいからです。

 

ーーー プロジェクトを任されたときは、どんなふうに感じましたか。

松田  非常に緊張しました。入社して1年弱たった頃だったんですが、入社以降担当した中でも一番大きなプロジェクトでしたし。「絶対に失敗できない!ちゃんとできるだろうか」という、不安感が強かったですね。最終的にプロジェクトのメンバーは15人ぐらいになりましたが、本当にメンバーに支えられてリリースすることができました。

 

総勢15人。社内横断的に組織されたプロジェクトチーム

ーーー 最初から15人全員が参加していたわけではないんですよね?

松田  最初は4〜5人ぐらいで基礎的な設計をしながら、これを実現するためにはどういうフォーメーションで、どういう人が必要だろうかというところから検討をはじめました。それで、サーバーサイドエンジニアの齋藤さんに声をかけ、チームに入ってもらいました。

齋藤  私がジョインしたのはリリースの3ヶ月ぐらい前のタイミングでしたよね。それまで「Reservation API」という、他社サービスと連携するためのAPI開発を担当していた流れで参加することになりました。

坂田  私はQAエンジニアとして12月に入社して、チームに参加したのは1月半ばぐらいでした。リリースの約2ヶ月くらい前のタイミングですね。

松田  プロジェクト初期の頃から、組織を横断して様々な部署のメンバーを巻き込んでいきました。開発はもちろん、セールスやカスタマーサクセス、マーケティング、PRなど。当社はこれまでグルメサービス連携の開発経験はありましたが、今回の「Googleで予約」への参画は初めての取り組みでした。そのため、飲食店にとっての使い勝手の検討や導入にあたってのコミュニケーション方法など、様々な面で細心の注意を払う必要がありました。多角的な視点でサービスを検討していく上で、自然と携わるメンバーが増えていきましたね。

 

ーーー どのようなかたちでプロジェクトを進めていったのでしょうか。

松田  定例ミーティングは週1回開いていました。僭越ながら私が座長みたいなことをやっていましたが、メンバーはみんな各領域のプロフェッショナルなので、相談しながら「このぐらいのスケジュールでこういうふうに進めていきましょう」という具合に進捗確認をしながら進めていました。

齋藤  私は開発側の取りまとめのような役割も務めていました。

松田  私は非エンジニアなので、どのように進めていくのが最も効率的なのか最初はなかなかわからなくて。他のプロジェクトメンバーも別件を抱えていたりして、なかなか議論ができずにいました。そういう状況を、齋藤さんが上手に取りまとめてくださったんですよね。

齋藤  私がプロジェクトにジョインする前から、開発スケジュール自体はひかれていて、それぞれの工程の「終わり」は決まっていました。ただ、「何が達成されたら終わりなのか」というゴールに至るクリア条件が明確になっていなかった。これがはっきりしていないと、人員計画も立てにくいのでまずはそこを整理するところからスタートしました。

松田  齋藤さんに相談したらすぐに「こうしましょう」とプランを作ってくれたんですよね。あそこでプロジェクトが加速したと思います。いわばチームの「秩序」のようなものを齋藤さんが作ってくれて。そして「この秩序に則ると、人がこれぐらい足りないから松田はこうしろ」と明確に言ってくれて。そのおかげで社内調整がとてもやりやすくなりました。

齋藤  プランには人員配置なども含まれていたのですが、そのプランをみた松田さんの「絶対になんとかする」という姿勢にはいつも驚いていました。

坂田  二人の尽力のおかげで、私がチームに参加した頃には、既に体制の構築が一区切りついていましたね。体制が整っていたからこそ、QAエンジニアとしての役割に専念することができました。

松田  齋藤さんに「秩序」をもたらしてもらって、坂田さんには「安心」を与えていただいたという感じでした。坂田さんが確実に不安材料を全部つぶしてくれていたおかげで、Googleとのテストに臨む段階やリリースのタイミングなど大切な節目で一切深刻な問題や事故が起きませんでした。

 

日本の外食産業におけるオンライン予約の発展に寄与していきたい

ーーー 今後、日本の外食産業におけるオンライン予約は更に発展していきそうですね。

松田  そうですね。飲食店のオンライン予約は、一見普及しているように思えて、実はまだまだ課題があります。

例えば、飲食店が紙台帳で予約管理をしている場合、電話や複数のグルメメディアから入ってくる予約を人力で管理しています。リアルタイムの空席情報がわからないと、予約管理に相当な労力と時間を費やすだけではなく、オーバーブッキング、ダブルブッキング、予約漏れなどの事故が起きてしまうんですね。このようなオペレーションでオンライン予約を利用すると、飲食店は予約が増えれば増えるほど予約管理の工数が増えてしまいます。だからこそ、オンライン予約は一元管理されているリアルタイムな空席情報と繋がっていることが非常に重要なんです。

私達が実現したいのは、飲食店利用者と飲食店の双方にとってハッピーなオンライン予約。双方が簡単で安心して使えてこそ、オンライン予約は普及していくはずです。その実現のために、当社が持つリアルタイムで正確な空席データは必要不可欠であり、大きな役割を担い続けていくはず。私達は外食産業の明るい未来に向けて、それだけの可能性と責任を担っていると考えています。これからも、日本の外食産業におけるオンライン予約の発展に貢献していきたいですね。

坂田 オンライン予約が普及していくと、飲食店の方々が予約管理にかけていた多大な労力や時間が削減され、その分の労力や時間をもっとお客様を喜ばせるために使えるようになっていきますよね。そうすると、今よりもっと飲食店と飲食店利用者の双方がハッピーになっていく。そういう明るい未来を実現していきたいですよね。

齋藤 まさに、当社のミッション「食の仕事を、おもしろく」ですね。エンジニアリングの力で貢献できることはまだまだ多くあります。既存のサービスも磨き続けていきたいですし、新しい挑戦もしていきたいです。

松田 そうですね。もっともっと多くの飲食店の方々に喜んで頂けるように、これからも熱い想いを胸に共に挑戦していきたいですね。

エンジニア採用エンジニアインタビュー各領域のプロフェッショナルが集う組織横断型チームだから実現できた「Googleで予約」参画プロジェクト