NEWS
お知らせ

2014年9月14日
登壇情報

トレタ×LINE@。中村がApple Store銀座で開催されたトークイベントに出演しました

〜iPhoneとiPadが変える『お店と顧客』のこれから〜

LINE@イベント

8月25日、弊社代表取締役・中村仁がApple Store銀座で開催されたトークイベントに出演しました。
当日は「iPhoneとiPadが変える『お店と顧客』のこれから」をテーマに、スマートフォンアプリ「LINE」上の個店向けのビジネスアカウント「LINE@」を展開するLINE Business Partners株式会社・代表取締役社長の長福久弘氏とともに、お店とお客さまとのコミュニケーションや飲食店予約の今後について話し合いました。
 
1時間におよぶイベントでは、LINE@とトレタそれぞれのサービス内容についてのプレゼンテーションに続いて、長福氏と中村によるトークセッションをたっぷりと展開。
以下にそのトークセッションの一部を紹介します。
 
 
●トレタとLINE@
 
 
中村仁(以下 中村) LINE@の加盟店って、いますっごく増えているんですって?
長福久弘氏(以下 長福) おかげさまで。ここ数ヵ月は、とくに急激な伸びを記録しています。
中村 5月にリニューアルして、無料プランを出して、それで爆発した感じですかね。
長福 あと「お店トーク」が実装されて、お店とお客さまとが一対一でコミュニケーションが取れるようになったというのも大きかったです。
中村 「お店トーク」って、やはり結構使われてます?
長福 そうですね。加盟店のみなさまには、かなりの頻度で使っていただいているようです。
中村 やはり使われ方としては、お店の予約とかが多いんですか?
長福 予約とか問い合わせですね。とくに営業時間外に使われるケースが多いようです。
中村 トレタも契約店舗が1000店舗を超えていて、月間のアクティブ率が90%以上ありまして。まだまだサービスとして進化させ続けているんですが、じつはご予約の確認メッセージをお客さまに送信するのに「LINEを使って送信できないか」っていうご要望が多いんですよ。……使えませんかね?(笑)
長福 (笑)LINE@ではAPIを公開してますので、いずれ何かのかたちでご一緒できることもあるかも知れないですね(笑)。
 
 
LINE@イベント
 
 
●常連づくりのためのIT活用
 
 
中村 僕らの思いとして、これからの飲食店が発展して行く上で大きな要素がふたつあると思っているですよ。ひとつは「予約」、もうひとつは「CRM(顧客情報管理)」かなあと。つまり常連さんづくりをどうするか、ですね。そのあたりLINE@さんも近い思想も持っているんじゃないかと思ってるんですけど。
長福 まったく同じですね。新規のお客さまを獲得するというよりも、自分のお店にしっかりとお客さまを囲い込む、と。LINE@はメッセージコミュニケーションを得意としているので、その点でとてもお役に立てるんじゃないかと考えています。
中村 予約で満席だったけど当日キャンセルで席が空いちゃって、という場合でも、常連さんにだけメッセージで呼びかけるとかですね。
長福 雨が降って客足が鈍いなあと思ったら、すぐに常連さん限定で値引きクーポンを発行するとか。
中村 そこでトレタのウェブ予約の仕組みを使えば電話の応対をするとかの手間もかからないし、たとえ複数の常連さんから予約の申込みが入ってもダブルブッキングになることが防げるんですよ。
長福 いい仕組みですよね。予約は業界的にもホットトレンドですので、わたしたちも注目しています。
中村 飲食業界もそろそろ電話での予約からウェブ予約をメインに据えて、コミュニケーションツールを最大限に活用するタイミングに来ていると思うんですね。そうすることで業界はもっともっと盛り上がっていくはずですから。
長福 本当にそう思います。
 
 
トレタでは今後もトークイベントを開催して、トレタについてのわたしたちの考え方を直接みなさまにお伝えしたり、新しい機能についてもイベントのなかで詳しくご説明していきたいと考えています。
新しいイベントの情報については、こちらの「お知らせ」ページで随時お伝えしていまいります。
機会がありましたら、ぜひいちど会場へお越しください!
 
 
LINE@ホームページ
http://at.line.me/jp/