NEWS
お知らせ

2019年7月11日
プレスリリース

2020年夏 全社のリモートワークを義務化
「トレタリモートウィーク2020」実施決定!
期間中の飲食店での「ボランティア休暇」も検討

飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ®」を開発・販売する株式会社トレタ(本社:東京都品川区、代表取締役:中村 仁)は、「トレタリモートウィーク2020」の実施を決定しましたのでお知らせします。

トレタリモートウィーク2020は、2020年7月24日〜8月9日に全社員が自宅など自由な場所で業務を行うリモートワークを義務化するものです。この期間中は都内の交通機関の大混雑が予想され、特別措置法が成立し、国レベルでの課題となっています。海の日などの3つの祝日を移すなどの混雑緩和に向けた対策も講じられています。本件の実施により、混雑緩和に貢献すると同時に、本来の通勤時間をスポーツ観戦に充てることで、社員の満足度向上やワークライフバランスの実現も目指します。

株式会社トレタでは、一部部署を中心に週一回、自由な場所で業務を行う「リモートワーク推奨デー」を設け、社員の軽減負担による生産性の向上や、働き方の多様性の実現を図っています。本件ではこれをさらに全社員に拡大して実施します。1年かけて、業務への支障がないよう、実施の準備を進めてまいります。

交通機関のみならず都内の飲食店でも混雑が予想されます。そこで、株式会社トレタでは、飲食店を人材面でサポートすることを目指し、飲食店でボランティアをする社員に対し「ボランティア休暇(仮)」の付与も検討しています。

株式会社トレタではこれらの施策を通じて、約1年後に迫った50年ぶりの世界的なスポーツイベントの成功に微力ながら貢献したいと考えています。「食の仕事を、おもしろく」というミッションのもと、外食産業の生産性向上の実現を目指します。

※「トレタ」は株式会社トレタの登録商標です。

問い合わせ先

株式会社トレタ  
広報・PR担当
E-mail:pr@toreta.in  
Tel:03-6431-9006