NEWS お知らせ

2021年9月 1日
お知らせ

トレタ 新CFO就任のお知らせ
さらなる事業成長と経営基盤の強化、積極的な外食産業の課題解決に向けて

chair.jpg
本日、CFO(Chief Financial Officer)に小國 健児が就任しましたのでお知らせします。

株式会社トレタでは、基盤事業である飲食店向け予約/顧客台帳サービストレタ®の提供により、2013年の創業時より飲食店におけるSaaS普及をリードし、IT化による外食産業の生産性の向上を目指してきました。また、コロナ禍を機に事業ポートフォリオの強化を進め、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」や、飲食店向け店内モバイルオーダー「トレタO/X」、食材仕入れコスト削減を実現する「DDプラス×トレタ仕入れ支援サービス」、LINEを使ったCRMが可能となる「トレタ® LINE通知連携」などのサービスを次々とリリースしました。第二創業期というフェーズを迎え、さらなる事業成長と経営基盤の強化、外食産業の課題解決に積極的に取り組んでいます。

■新CFO 小國 健児について
CFOに就任した小國は、外資系事業会社のファイナンス部門で幅広い研鑽を重ね、前職のスタートアップ企業ではCFOに就任。資金調達をメインに行いながら、新市場開拓の資源配分の意思決定を経験し、企業の成長に貢献するなど、豊富な経験と実績を有しています。

ogini2jpg.jpg
執行役員 CFO 経営管理部担当
小國 健児(おぐに けんじ)

【経歴】
1982年生まれ、埼玉県出身。
2006年、早稲田大学商学部卒業。
大学卒業後、米系外資系企業でキャリアをスタートし、2社目となる欧州系外資系企業と合わせ、ファイナンス部門で約12年にわたり、経理、財務、管理会計、資産運用と幅広く経験。欧州グローバル本社での勤務を経て、最後の2年間は売上規模1,000億円の事業部のファイナンスヘッドを務める。2018年、ロボットを開発・販売するスタートアップ企業に入社。2019年11月、同社CFO就任。資金調達、事業計画策定、株主対応、収益性評価、予実管理等をメインに担当し、管掌領域は、 経理、法務、購買と広く携わる。2020年末、大手事業会社との資本業務提携を中心に27億円の資金調達を主導するなど、在籍中の調達額は75億円にのぼる。
2021年7月、株式会社トレタ入社。同年9月、同社CFO就任。

■代表取締役 中村仁より
1年半にわたるコロナ禍において、当社も創業以来最大の経営危機に立ち向かってきました。この数ヶ月で新しい事業も次々と順調に立ち上がり、こうして小國をCFOとして迎えることができました。サバイバルモードから攻めのモードに移行すべく、その体制が整いつつあることを大変心強く思います。「かつてない難局は、かつてない発展の基礎となる」という言葉のように、コロナ禍もいずれは終わりが訪れ、将来の外食産業の発展の礎になると信じています。それまであと少し、飲食店の皆さんと共に危機を耐え忍びながら、必ずやってくるであろう次の発展の時期に向けて備えを進めてまいりたいと思います。


外食産業は、コロナ禍での休業要請や営業時間制限、アルコール提供の中止などにより、約1年半の長きにわたり苦境に立たされています。依然として先が見えない状況が続きますが、「外食の未来を、アップデートする」をビジョンに掲げる株式会社トレタでは、コロナ禍が収束を迎え、再び飲食店に客足が押し寄せる日に備えて、引き続き事業に邁進してまいります。このたびの新CFOの就任を通じて、多角化・多層化する事業の成長と経営基盤強化をより一層推し進め、外食産業へのさらなる貢献を目指します。

「トレタ」は株式会社トレタの登録商標です。

問い合わせ先

株式会社トレタ  広報・PR室
E-mail:pr@toreta.in  
Tel:03-6431-9006