INTERVIEW社員インタビュー
トレタnow セールス

西口祥太 小林友香

飲食店の方々と伴走して「飲食店とユーザーの幸せな世界」を作っていきたい

  • トレタnow セールス西口祥太

    食品メーカーにて小売店向けの営業を経験後、独立。ドローン事業を展開し、一次産業の業界の構造改革に従事。今年株式会社トレタに入社し、トレタnowのセールスを担当。

  • トレタnow セールス小林友香

    ソフトウェア会社のインサイドセールスを経験した後、ECサイトのコンサルティング(グルメ担当)に従事。株式会社トレタに入社後は、予約台帳サービスのセールスを担当した後、トレタnowの立ち上げに携わり、現在セールスを担当。

テクノロジーでアップデートしていくことが飲食業界の発展へと繋がっていく

ーーー トレタとの出会いや入社してからの仕事について教えてください。

小林 もともとITによって既存ビジネスの可能性が広がっていく面白さを感じていていました。前職では、運営するECサイト使って販路を広げるという形で、食店の方々お手伝いしていました。関わるうちに、飲食店の方々は新しいことを始める時間もないしアナログな部分が多いことに気づくようになり、飲食店の根本的なオペレーションが変わることでもっともっと業界全体に変革の可能性が広がっていくのではないかという期待を抱いて、トレタに入社しました。
入社してから1年間は予約台帳「トレタ」のセールスを担当し、飲食業界のIT化を促進するやりがいを感じていました。1年経った頃、トレタnowの立ち上げの話をもらい、それが、予約台帳のサービスを基盤にしながらトレタを活用してくれている飲食店にさらなる付加価値を提供できるサービスだったので、飲食店にも今まで以上の貢献ができると確信して、迷わずジョインを決めました。

西口 トレタに入社する前は、大手食品メーカーで小売店向けの営業を経て、ドローンを使った一次産業の構造改革にチャレンジするために起業していました。もともと労働集約型の業界に新しいテクノロジーをかけ合わせて、業界構造自体を改革していくビジネスに関心が高くて起業したのですが、基盤やリソース不足により断念することが多くありました。より実現性高く、業界構造自体を改革していく会社を探している時に、トレタと出会いました。これまで私が向き合ってきた業界と近い課題を飲食業界にも感じましたし、飲食業界の活性化に携わることで、これまでお世話になった一次産業への貢献にも繋がると考え、今年からトレタnowのセールスとして事業拡大を担っています。

 

新しい体験がユーザーと飲食店の双方を幸せにする

ーーー お二人が思うトレタnowの魅力を教えてください。

西口 世の中には飲食店を支えるサービスが多くありますが、トレタnowは飲食店とユーザーの両方を幸せにできる新しい体験をお届けしています。わかりやすく説明すると、飲食店は今まで、当日席が埋まっていなければSNSで呼び掛けや地域によっては店頭での声かけなど、お客様を呼び込む対応に追われていました。そういった光景を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
そうした問題を解決するために、予約台帳画面を1タップするだけでトレタnowに掲載することができ、お店付近のエリアを対象に飲食店を探しているユーザーに対して、条件が一致すれば空席があることを表示できるのが魅力。また、「今夜のお店どうしよう」と困っているユーザーにとっても、直前でお店を予約できます。お店を利用したいユーザーは「空いているお店が見つかるまで電話をかけ続ける」「お店まで行ってみたが、満席でお店に入れない」といったことから解放されます。
当日の空席を埋めたいお店側と行けるお店を探したいユーザーの双方がハッピーになれるサービスです。

小林 予約台帳サービスを通して発見した新たな課題を、検索エンジンからダイレクトに予約できるサービスや「トレタCC(コンタクトセンター事業)」などへいち早く事業化してきたのも、会社自体が飲食店の繁盛支援を真剣に考えているから。トレタnowも、予約を便利にするだけではなくて、「どうなると飲食店に喜んでもらえるか」までを考えて予約台帳の付加価値として提供しているところが魅力のサービスです。トレタnowは、飲食店が抱える手間を最小限にできるよう丁寧に設計されたサービスなので、この素晴らしい体験をさらに多くの飲食店にお伝えすることが私たちのミッションです。

 

スピード感と主体性を持ってセールスを楽しむ

ーーー トレタnowセールスの仕事はまだ立ち上げ期ですが、その面白さや、やりがいはどういった場面で感じますか?

小林 初期は開発メンバーを除くと、事業責任者、セールスとCS(カスタマーサービス)兼務が2名だけ。なので当初は、エリア選定や営業戦略、効率的な対応店の情報掲出の仕組み作りなど、開発以外の仕事は全てやりましたね。セールスとCSがとても分業できるような状態ではなかったので、提案や獲得、店舗情報の掲出やレクチャーに至るまで全てセールスがやっていました。現在はメンバーも増えましたが、今のやり方のどこに改善点やサービスを広げられる可能性があるか見つけていきたいので、今でも敢えて、セールスが一気通貫して担当するようにしています。
トレタnowのセールスの面白さは、顧客の獲得だけでなくサービスを活用してもらうところまで携われるところですね。サービス立ち上げ当初はトレタnow対応店舗数を増やすことに注力していましたが、トレタnowはサービス導入後に、飲食店が空席を開放してくれてこそ価値を発揮するサービス。その空席をユーザーが見つけお店を予約して初めて価値が出るわけですから、飲食店の方々にサービスを理解していただくと共に、サービスの価値を共感してもらい、いかに日々の業務に組み込んでもらえるかが鍵です。しっかりと価値をお伝え出来れば、飲食店の方々に継続的にサービスをご利用いただけることに繋がっていく。こういった想いが伝わることが仕事の面白いポイントです。

「業界改革に携わりたい」「飲食業界をもっと面白くしたい」という大きな情熱を、メンバー1人ひとりがもっています。大きなテーマを成し遂げるには、目の前の目標を着実に達成することや、達成するために必要な改善点を自分から見つけていくことを大切にして、日々の仕事に取り組んでいます。同じやり方を続けるのではなく、業界の変化を見ながらやり方を変えていく。そういったスピード感をもって仕事を進められるので、自走する力や柔軟性が身についていくことを実感できるのが、この仕事のやりがいです。

西口 自分から「こういう飲食店にもアプローチできるのではないか」という提案をチームでできるところが面白いですね。トレタnowの営業先は予約台帳トレタの既存顧客ですが、最初から戦略が決まっているようなルート営業ではないため、自分で考えて行動する力が身につきます。大変だと感じる時もありますが、自分の考えに基づいて行動できる裁量の広さがトレタnowのセールスの魅力であり、自分たちがサービスを作っている実感にも繋がっています。
また飲食店の変化を目の当たりにできるのも、醍醐味ですね。サービスを飲食店へ届ける最前線にいるので、飲食業界の新しい文化を創っている実感をもてます。自分が携わった仕事が、飲食店の現場を良いものに変えて行くことに多少なりとも寄与できている感覚をもてるのが本当に楽しいですね。

 

ーーートレタnowのセールスを通じて、どのように成長できましたか?

西口 飲食業界のセールスを経験したことがなかったため、最初の商談では業界知識のなさを痛感しました。飲食業界、飲食店、有名な経営者、料理人の情報を自分なりに相関図にまとめてインプットしていきました。業界理解を深めながら商談を重ねていくうちに、飲食店の方々により深く質問をできるようになり、本質的な課題を引き出せるようになりましたね。

小林 私は予約台帳のセールスからトレタnow事業部に異動して、より社内の人をリスペクトするようになりました。トレタnowを提案するために飲食店に足を運ぶと「いつも二人三脚でやってくれるトレタさんだから新しいことも一緒にやるよ」と話が進むことも多いんです。それは、予約台帳を販売したセールスやサポートをするCSの仲間が作り上げてきた土台があってこそ。トレタの新しいチャレンジをすぐに受け入れ一緒に歩もうとしてくれる関係性を改めて実感して以来、より一層、ずっと頼っていただけるような関係づくりをしたいと思うようになりました。

 

各々が当事者意識を持って、リモート制度などを活用

ーーー実際に働いていて、トレタの制度や環境、カルチャーなどについてどのように感じますか?

小林 風通しの良さや人間関係、オフィス作りについて、社員がどうやったら気持ちよく働けるかを考えてくれる会社だと感じていますね。特に私たちはセールスなので、外出していたり、社内で仕事していたりと一つの席にずっといることが少ないのですが、パソコンやネットワーク環境など、どこにいても同じように働けるように快適な環境を整えてくれているので、成果が出すことができています。

西口 トレタで働いて感じているのは、「自由」と「当事者意識」という2つのキーワードですね。「自由」という観点でいうと、リモート勤務を制度に取り入れているところ。でも、この制度が成り立っているのは、社員1人ひとりが「当事者意識」を持ち、仕事の意義を自覚しているから。根幹には「飲食店が好き」で「飲食業界への共通の課題認識」があるので、自覚を持って責任を果たすことができているんだと思います。

 

業界の変化を感じながら、たくさんの人に幸せを届けたい

ーーー今後トレタでどのようなチャレンジをしていきたいですか?

小林 私は飲食店の課題を解決して、飲食業界全体を面白くしたいという思いで入社しました。それが今、予約台帳にトレタnowが加わって、飲食店のみならず、ユーザーに対してもより良い外食体験に変えられているのではないかという強い期待感を持つことができています。目指すところは、例えば電車の隣の席の人がトレタnowを使ってお店を予約をしているような誰もがトレタnowを使うほど広まって、飲食店とユーザーの双方が外食を今よりもさらに楽しめる世界。トレタに入社してから、セールス以外にも立ち上げ等を経験できているので、職種やポジションについて「絶対にこれしかやらない」という線引はしていません。今はトレタnowを広めていく段階なので「やり遂げた」と思えるところまで頑張りたいと思っています。

西口 トレタnowのサービスを使っていただけるシーンを拡充させることで、現在トレタnowに対応している飲食店とユーザーだけではなく、利用者を増やしたいという思いがあります。なぜなら、幸せにできる人の総数を増やすことが、飲食業界の構造改革に大きく影響すると信じているからです。新商品企画や広告宣伝といった様々な職種でも構造改革はできるので、もちろんチャレンジしていきたいと考えています。しかし今は最前線で業界の変化を感じることができる、セールスという仕事を通じて実現したいと思っています。

トレタブログ社員インタビュー飲食店の方々と伴走して「飲食店とユーザーの幸せな世界」を作っていきたい